Fetch as Googleの使い方と回数制限

サイトを新しく作って記事を投稿した場合

なかなか検索エンジンに表示されません。

 

サイトのSEOが弱い間は、

検索エンジンにインデックスされるまでが

かなり時間がかかってしまい、

数日かかってしまう場合もあります。

 

未来予測記事ならまだしも、

速報系の記事を書いたのに

インデックスが遅かったら、、、

 

意味がなくなってしまいますからね。

 

そんなインデックスが遅い!

という悩みをお持ちのあなたは、

Googleサーチコンソールの

「Fetch as Google」を利用することで

早めにインデックスさせることができるようになります。

 

ここでは

Googleサーチコンソールの中にある

・Fetch as Googleを使う理由

・Fetch as Googleの使い方

・Fetch as Googleの回数制限

・インデックスされないこともある?

についてお伝えします。

 

Fetch as Googleを使う理由

 

記事の更新は、

Googleのクローラーが循環した時に

「このサイトのこの記事が新しく更新されている」

ということを発見し、、、表示させなくちゃ!

という流れで記事の更新が行われます。

 

いつ、クローラーが循環してくるかは

わからないので、

あなたの記事更新のタイミングで

循環しに来てくれるとは限りません。

 

なぜなら、当たり前ですが、

クローラーは、あなたのサイトだけを

循環しているのではなく、

インターネット上のあらゆるサイトを

循環しているわけですからね。

 

クローラーは、とっても忙しいんです!!

 

なので、クローラーが循環してくれるのを

待っているだけだと、

短時間で検索エンジンに載せたいような

速報系の記事を書くたびにクローラー、

まだかな?まだかな?

とドギマギしなくてはなりません。

 

また、SEOが強いサイトが

優先的にインデックスされてしまうので

新しく立ち上げたばかりのサイトへの、

クローラーの循環は後回しになってしまいます。

 

そんな悩みを解決する方法として

「Fetch as Google」があるんですね。

 

「Fetch as Google」では、

こちらから

「記事を更新したから早く循環しに来て!」

積極的にクローラーを呼ぶアクション

起こすことができます。

 

「Fetch as Google」を使うことで

インデックス表示を

早めることができるわけですね。

 

便利な機能なのはわかったけど、

「Fetch as Google」って、

操作が難しいんじゃないの?

と思っている方がいるかもしれませんね。

 

安心して下さい!

 

毎日の記事更新の後に

1分もかからずできてしまう簡単な作業です。

 

なかなかインデックスがされないなぁ~

とお悩みの方は、

ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

Fetch as Googleの使い方

 

Fetch as Googleは、Googleサーチコンソールに

含まれている機能です。

Googleサーチコンソールに登録

 

Fetch as Googleを利用するためには

Googleサーチコンソールに登録する必要があります。

参照:Googleサーチコンソールの登録と使い方

 

Fetch as Googleの使い方

 

更新した記事またはインデックスしたい記事のURLを

コピーしておきます。

『http://n-akky.com/mindset/922/』

 

例としてこの記事を更新したことを

クローラーに知らせる場合について

順を追ってお伝えしていきますね。

 

あなたが記事を更新した時は

このURL部分にあなたの記事のURLを

当てはめていくだけですので

参考にしてみてくださいね。

 

Googleサーチコンソールのホーム画面を開きます。

Fetch as Google

左側の「クロール」を選択し、

「Fetch as Google」をクリックします。

 

Fetch as Google

 

URLを入力します。

 

先ほどコピーしたURLをそのまま貼り付けたのでは

エラーが出てしまいます。

 

入力しなくてはいけない箇所を

しっかり覚えてくださいね。

Fetch as Google

空欄部分に入力するところ

たとえば

『http://n-akky.com/mindset/922/』 の記事を

クロールしてもらいたい時は、、、

 

『http://n-akky.com/』という部分は空欄の前にすでに

入力されているので、

その後の『 mindset/922/』の部分を入力し、

「取得」クリックします。

 

Fetch as Google

URLの取得が成功すると、

ステータスのところが緑色「完了」となります。

 

もし、何か間違って入力してしまうと

「黄色いマーク」で「リダイレクトされました」という

マークがでてきます。

 

 

その場合は、落ち着いてURL部分が

ダブって入力されていないか

確認しながらもう一度入力し直してみましょう!

 

「完了」マークが出ていると、

右横に「インデックス送信をリクエスト」という表示が出てくるので

そこをクリックします。

 

Fetch as Google

 

さらに、「送信方法の選択」という表示が現れます。

 

私はロボットではありません」もチェックを入れ、

このURLのみをクロールする」を選択

「送信」クリックします。

 

Fetch as Google

 

お疲れ様でした。

 

これで記事の更新をクローラーに

教えることができました。

 

作業的には簡単だったと思います。

 

あなたの記事が少しでも早く

インデックス表示されるよう

記事を更新した時は必ずやってみてくださいね。

 

「一時的にアクセスできません」が出た時の対処法

 

インデックス送信をリクエストをクリックした時

「一時的にアクセスできません」と出ることがあります。

 

本当にたまになんですが。。。

アクセス出来ない

 

Wi-Fiの接続がたまたま調子の良くない時だったり、

Google側の問題だったり。。。

 

その時によって異なるみたいです。

 

何度か(私は3回まで)連続して試してみて

うまくいかないときは時間を開けてトライします。

 

こんな感じですぐに普通になることのほうが

多いので安心して下さいね。

 

アクセスできない

 

最初に「アクセスできません」と出たときは

かなりあせりましたが、、、

 

慣れるとどうってことないので

落ち着いてトライしてみて下さいね。

 

速報記事の場合はお気の毒ではありますが。。。

 

Fetch as Googleの回数制限

 

Fetch as Googleには回数制限があります。

 

このURLのみをクロールする」は月に500記事まで

このURLと直接リンクをクロールする」は月に10回まで

という回数制限です。

 

 

毎回の記事更新時には、

『このURLのみをクロールする』

にチェックを入れれば大丈夫ですよ。

 

月に500記事の更新は、

なかなかできることではないので、

回数制限に引っかかる心配はないと思います。

 

記事の更新ごとに利用してみてくださいね。

 

Fetch as Google利用したのにインデックス表示されない?!

 

「Fetch as Google」を利用したのに、

インデックスされない!

という話をちらほら耳にします。。。

 

これは仕方のないことなんですよね。

 

「Fetch as Google」を利用したからって

絶対にインデックスされるという保証はない

ということをあなたもあらかじめ

頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

Fetch as Googleのインデックス送信は

あくまでもクローラを呼ぶリクエストであって、

インデックスを保証するものではないからです。。。

 

Fetch as Googleを使っても

新規サイトやSEOの弱いサイトの場合には

インデックスに時間がかかることがある

ということも事実です。

 

Googleのサービスについては

Googleの中の人しかわからないことって

いっぱいありますからね。

 

未知の部分に関していうと、

あくまでも可能性があることは

試しておいたほうがいいということです。

 

 

ビジネスでは、

有利な動きが得られる可能性があるなら

それが確実ではなくても

網を張っておいたほうがいいことって

いっぱいありますからね。

 

今回は、

Googleサーチコンソールの中にある

・Fetch as Googleを使う理由

・Fetch as Googleの使い方

・Fetch as Googleの回数制限

・インデックス表示されないこともある?

についてお伝えしました。

 

こんなに簡単な作業で

クローラーに記事の更新を

100%ではないけど

伝えることができるなら

やらない理由はないですね。

 

ぜひ記事の更新ごとのルーティンとして

取り入れてみてくださいね。

 

最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。