Google Search Consoleの登録と使い方

 

Google Search Consoleは、Googleが提供している

無料のサイト管理ツールです。

 

Googleからのサイト評価を確認したり、

クローラー向けのサイトマップ送信によって

インデックス速度の改善ができたり

SEO対策の機能をいくつも持っているので、

ブログを立ち上げたら早めに設定しておきましょう。

 

Google Search Consoleって何?

 

Google Search Consoleは、

略して『サーチコンソール』と呼ばれています。

(旧:ウェブマスターツールのことですね。)

 

 

サーチコンソールでできることの例は、

以下のとおりです。

 

・サイトに異常が起きた時に教えてくれる。

・インデックス情報をクローラーに伝えることができる

・サイト内部リンクや外部リンクの状況がわかる

・どんなキーワードでアクセスされるのかがわかる

 

サイトのことを管理してくれて

自分で気がつく前にサイトの変化を教えてくれるので

かなり便利だと思います。

 

 

※「サーチコンソール」は、以前は

「ウェブマスターツール」と呼ばれていました。

 

名称は変わりましたが、

基本的な機能に変わりはありません。

ぜひ、登録してみてくださいね。

 

Googleサーチコンソールの登録方法

 

サーチコンソールの登録は、

Googleアカウントを使って簡単にできます。

 

まだGoogleアカウントを持っていない方は、

下記の見本を参考にして、サクッと

アカウントを取得してみてくださいね。

参照:Googleアカウントの取得方法

 

 

Google AdWordsやGoogleアナリティクスの

アカウントがすでにある方は

同じアカウントを使います。

 

Googleサーチコンソールにログイン

 

Googleアカウントを使って

サーチコンソールにログイン。

 

こちらからログインできます→Googleサーチコンソール

 

サイトを追加する

 

Googleサーチコンソールに、

あなたが運営しているブログのURLを登録します。

 

赤枠内にブログのURLを入れて

プロパティを追加』をクリックすればOKです。

 

Google Search Console

 

 

所有者の確認

登録したサイトが本当にあなたのものか

確認の作業をします。

 

 

所有者の確認方法は

こちらに書かれた順番にやっていきます。

 Google Search Console-2

 

まずは赤枠内をクリックし、

ファイルをダウンロードします。

 

 

ダウンロードする前に注意して欲しい事があります。

 

このファイルをダウンロードする前に、、

他のファイルや画像などをダウンロードして

画面下に履歴が残っている場合には、

このファイルに(2)とか(3)の数字がついてしまい、

正常にアップロードできません。

 

 

なので、一度インターネットに

つながっている画面をすべて閉じましょう。

 

ちなみに私は、この数字がついてしまったために、

何度もやり直すハメになって

かなり苦労しました!

 

 

あなたは同じ道を歩まないようにしてくださいね。

 

その状態で下記の赤枠内をクリックし、

サーチコンソールのファイルを

ダウンロードしましょう。

 Google Search Console-3

 

Google Search Console-4

 

次にFTPを開き、

登録したサイトの中に

ダウンロードしたファイルを

アップロードしていきます。

 

FTPソフトを開いたら、登録サイトの

『/〇〇〇〇(ドメイン)/public_html』の

階層まで開きます。

 

Google Search Console-5

 

public_htmlの階層に、

先ほどダウンロードしたファイルを

ドラッグ・アンド・ドロップし、

アップロードします。

 

Google Search Console6

 

ファイルをアップロードしたら

サーチコンソールに戻り、

下記の赤枠内をクリックします。

 

Google Search Console9

このような表示がされればOKです。

 

Google Search Console8

 

 

Googleサーチコンソールの設定確認

 

正常にアップロードができたら

左下の『確認』をクリックします。

 

 

所有権が承認されたことが伝えられるので、

『続行』をクリックします。

 

もしも、401エラーなどが出てしまう場合には、

ダウンロードしたファイルに

数字がついてしまっているか、

FTPのアップロード場所が

間違っているのだと思います。

 

ファイルに(3)などの数字が

ついてしまっている場合には、

ダウンロードしたファイルを開き、

右クリックで

名前をつけてファイル保存』を選択し、

番号の部分をデリートで消せば

アップロードできます。

 

アップロードする階層を

もう一度しっかり確認してくださいね。

 

サイトマップを送信

 

サーチコンソールの登録設定が終わったら、

次に設定していくのは『サイトマップ』です。

 

サイトマップとは、簡単に言うと

ブログの目次のことです。

 

あなたのブログの内容をGoogleに

通知することができます。

 

 

検索結果にヒットさせる上で

重要な役割を果たすので、

サイトマップの設定も

必ずしてくださいね。

 

サイトマップの設定方法は

こちらの記事で解説してありますので

マネしてみてくださいね。

サイトマップの設定方法と使い方を画像で解説

 

 

Googleサーチコンソールは、

サイトの異変を知らせてくれたり、

クローラーへ更新情報を

インデックスさせてくれたり、、、

 

様々なサービスが無料で使えるので、

ぜひ活用していきましょうね。

 

メルマガLP15