パソコンの表示画面が小さくなる

 

パソコンの作業している時に

急に表示画面全体が小さくなってしまい、

元に戻せなくて困ったことありませんか?

 

 

私は、画面を小さくしてしまった時、

何を触ってしまったからなのか、

検討もつかず作業も中断してしまい

かなりの時間、青ざめてしまいました!

 

この先、同じような経験をする方のために

ここでは、Internet Explorerで

パソコンの表示画面全体が小さくなってしまった時に

3分で直す簡単な対処法についてお伝えします。

 

スクロールホイールのマウスで画面を大きくする方法

 

まずは、あなたの使っているマウスを見てくださいね。

スクロールホイール付きマウス

 

赤枠のようなスクロールホイール付きのマウスを

使っている方は要注意です!

 

文字を打ち込んで作業している時や

リサーチしているときなどに

知らずに触ってしまうキー

によってはこんな画面になってしまうことも。。。

                          

表示画面が小さくなる

こんなに小さくなってしまいました!

 

これでは何が書かれているのか、

まるでわかりませんよね。

 

 

元の画面は、こちらです!

表示画面が小さくなる

 

 

スクロール付きのマウスを使っているなら

何かの作業をしながらキーボードの

Ctrlキーを触ってしまったのかもしれません。

 

 

Ctrlキー

 

3分で直すことが出来るので安心してくださいね。

 

ではやってみましょう!

キーボードのCtrlキーを押しながら

スクロールキーを動かしてみてくださいね。

 

画面が大きくなってきませんか?

 

たったコレだけです。

な~んだこれだけ?

と画面がもとに戻ったことでホッとした気持ちと

あまりに簡単過ぎて拍子抜けを感じたかもしれません。

 

 

次に画面が小さくなってしまったら、

また、Ctrlキーを触ったんだな~

と慌てず対処できますね。

 

キーボードから画面を大きくする方法

 

画面を大きくする方法は、

Ctrlキーを押しながら

「+」キーを押すことでもできます。

 

スクロールホイール付きのマウスではない時は

この方法でできますね。

 

ちなみに画面を大きくしすぎてしまった時は、

Ctrlキーを押しながら

「-」キーを押すことで画面を小さく出来ます。

 

また、一般的な拡大率100%にしたい時は

Ctrlキーを押しながら

「0(ゼロ)」キーを押します。

 

Internet Explorerのメニューバーから画面を大きくする方法

 

左上にあるメニューバーの中にある

「表示」をクリックします。

 

メニューバー

 

「拡大」をクリックします。

拡大率を100%に変更します。

 

もう少し大きい文字にしたいと思われたら、

拡大率をアップさせて、

お好みの大きさに変更してみてくださいね。

 

もし、メニューバーがない時は、

キーボードのAltキーを押します。

 

Altキー

メニューバーが出てくるので、

「表示」をクリックし

「ツールバー」をクリックします。

 

「メニューバー」をクリックすると、

「メニューバー」を表示することが出来ます。

 

今回は、

Internet Explorerで

パソコンの表示画面全体が小さくなってしまった時に

3分で直す簡単な対処法についてお伝えしました。

 

 

知っていると、簡単に直せるので

どうってことないことなのですが、、、

 

 

最初に画面がみるみる小さくなってしまった時には

何が起こったのか???

頭が真っ白になってしまった方が

多いと思います。

 

すぐにもとに戻るので、

この記事を参考にやってみてくださいね。

 

メルマガLP15