ふるさと納税

何年か前から気にはなっていたけど、

スルーしていたふるさと納税!

 

今年は我が家もふるさと納税をやることに。。。

 

でも、ふるさと納税って本当に得なの?

確定申告とか必要なんじゃないの?

返礼品にはどんなものがあるの?

などなど。。。

 

調べていくうちに

いろいろクリアになってきましたので

あなたにもシェアしますね。

 

ふるさと納税のこと、気になってはいたけど

まだ良くわからないって人は

参考にしてみて下さいね。

 

ここでは

・ふるさと納税とは?

・寄付する限度額は収入によって異なる

・確定申告が必要なの?

・自治体が決まっていない人は返礼品で選べばいい

・ジェラートピケやジョンマスターオーガニックの返礼品

についてお伝えします。

 

 

ふるさと納税とは?

自分の好きな自治体とか、

応援したい自治体に寄付をすることから始まります。

 

寄付をすると、その自治体からお礼品が送られてきます。

 

さらに寄付した金額のうち自己負担額の

2,000円を引いた金額が所得税や住民税から

控除されるという制度です。

 

この控除があるからやっている

という人が多いのも事実です。。。

 

この2,000円という自己負担額は、

寄付金がいくらになっても変わらない金額です。

 

でも、税金の控除って

イマイチよくわからない方多いと思います。

 

私も、色々調べたり、人に聞いたりしたところ

少しずつ解釈が違っていたり。。。

 

なので、

区の市民税課に電話して聞いてみました!

 

私:たとえば、16万円寄付できる上限だとして

150,000円の寄付をしたとします。

その場合の控除というのはどういうことなのでしょうか?

 

と聞いてみたところ。。。

 

区:150,000円から2,000円を引いた

148,000円が所得額と住民税から

差し引かれるということです。

 

私:148000円まるまる税金の額が

減るということですか?

 

区:そうです。

 

税務署に所得税の事を聞いたときは、

控除の額から引く形と言っていたのですが

住民税の場合は、税額から

そのまま引くことができるようなので

わかりやすいですね。

 

 ちなみに、所得税と住民税の控除の計算方法が

異なるようですが、確定申告をして

所得税と住民税から控除する場合も

ワンストップを利用する住民税だけの場合も

同じ金額が引かれるようです。

 

 

基本的には寄付しても大丈夫な

上限を越していない場合、

2000円をマイナスした額が

まるまる税金から引かれる形になるとのことです。

 

主人の周りの同僚の方々が

「税金から寄付した額が引かれるから2倍おトク!」

な~んて言ってたらしいのは本当のようです!

 

 ただ、初めて寄付する場合、

本当に税金が少なくなるのかどうか見定めてから

次の年、めいいっぱいやってみたほうが

安心かもしれませんね。

 

 

ある一定の額までは寄付したほうがオトクだと

税務署の方も言ってましたけど。。。

 

専門家が言うのですから間違いないとは思いますが、

お金はうちから出るものですからね。

 

自己責任ですからやっぱり慎重にいきます!笑

 

ということで、

どの程度オトクなのか、

実際やってみることにしました。

 

昨年と、今年と来年の税金を比べてみれば

どの程度オトクなのかわかりますからね。

 

寄付する限度額は収入によって異なる

寄付する額はいくらでもオトクかというと

そうではないのでそこだけは気をつけて下さいね。

 

ちなみに年収が1000万円だからといって

みんなが同じ金額控除されるわけでもありません。

 

ふるさと納税の上限額を知る上で

必要になってくる条件は、

年収、家族構成、奥様の収入状況、

住宅ローン控除を受けているかなどです。

 

細かい金額ではなく、大体の限度額については

こちらのサイトで簡単に計算することができます。

ふるさと納税「さとふる」

 

源泉徴収票があると、

より詳しく算出できるようですので

気になる方は入力してみて下さいね。

 

ちなみにうちの主人は、160,000円分まで

寄付できそうだけど、とりあえず

140,000円にしておくと言ってました。

 

 

あとで計算してみたら、370,000円が

上限とわかったのですが、

今年は140,000円までにして

樣子をみることになりました。

 

どうやら、主人の職場では

やっていない人がいなかったらしく

お米は買ったことがないらしい。。。笑

 

つまりお米の返礼品のある自治体を

選んでいるということなんですよね。

 

お米って、かなり重いし必需品なので

送られてくるのはうれしいかなぁ~と。。。

 

私の大好きな「つや姫」も返礼品で見つけることが

できたのでもう、やる気満々になってきました!

 

お米というと米俵でド~ン

と送られてくるのではないか

というイメージがあったのですが、、、

 

5kgで複数回送ってくれるところや

2kgのキューブ状になったものなど

いろいろ考えられているようです。笑

 

1年分のお米をふるさと納税で確保できちゃうという

主人の同僚の話はこうやって調べてみると、

現実的なんだなぁ~と。。。

 

確定申告が必要なの?

1番気がかりなのは、そんなに美味しい思いをしたら

ややこしい確定申告が待っているんじゃないの?

と気になっている人も多いと思います。

 

そんな方に朗報です!

 

納税先の自治体が5自治体以内なら、

確定申告不要のワンストップ特例制度

というのがあります。

 

ワンストップ特例制度を利用できる人の条件

・寄付を行った年の所得について確定申告する必要がない人

(医療費控除など確定申告する必要のある人はNGです)

・1年間のふるさと納税の納付先自治体が5つまでの人

 

ワンストップ特例制度の申請方法は簡単!

1.ワンストップ特例申請用紙を記入

(さとふるのサイトからダウンロード)

2.マイナンバー及び本人確認書類のコピー

3. 1と2をふるさと納税を行った先の自治体に送付する。

 

申請期限はふるさと納税を行った

翌年の1月10日(必着)ですので

12月ギリギリにふるさと納税を申し込むのは

ちょっと危険ですね。

 

11月中に今年分の申込みは

済ませておいたほうが良さそうです!

 

自治体が決まっていない人は返礼品で選べばいい

 

思い入れのある自治体があれば迷わないけど、、、

そういう自治体がない人は、

返礼品狙いで自治体を決めても良いと思いますよ!

 

ちなみに私は「つや姫」狙いですから。。。笑

 

どこの自治体を選んでもOKなのがいいですよね。

 

季節ごとに果物を選ぶのも楽しいかなぁ~

なんて思ったり、10月に入ってから

おせちも出てきました!

 

なるほど。調べていくうちに私も返礼品を選ぶのが

楽しくなってきたので、主人の同僚の方に感謝です!

 

ふるさと納税がこんなにも簡単に申込みから

受け取り、控除申請まで完結してしまうなんて、、、

 

「情報を知らない」

というのはもったいないことですね。

 

あなたも、ふるさと納税をやってみたいなぁ~

と感じたら、まずはどんな返礼品があるのか

チェックしてみるのもいいかもしれません。。。

 

気に入る返礼品があるといいですね。

 

ジェラートピケやジョンマスターオーガニックが返礼品

ジェラートピケやジョンマスターオーガニックなど

ちょっとオシャレ感漂う返礼品を

多数扱っている自治体がありましたので紹介しますね。

 

娘が大好きなジェラートピケがもらえる自治体、

主人がマークしていました!笑

 

娘思いなんだよなぁ~。

 

気になる方は、

こちらの自治体をチェックしてみて下さいね。

ふるさと納税「南相馬市」

 

ただ、当たり前ですが人気みたいで

今現在、「売り切れ中」と表示されていました!

 

ちょくちょく入荷するみたいなのですが、

いつになるかはよくわかりません。。。

 

日程が迫ってきているので難しいかもしれませんが、

気に入った自治体が見つかるといいですね。

 

あなたが20年後も素敵に輝いていられるよう

応援しています。

 

最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。

 

メルマガLP15