トレンドアフィリエイトのライバルチェック

 

トレンドアフィリエイトで

アクセスを集めていくために

欠かせないこととして

ライバルチェックがあります。

 

 

あなたが初心者さんで、

まだサイトのSEOが弱い時は、

このライバルチェックがとても大事です。

 

あなたが、がんばっていい記事を書いたとしても

SEOが強いサイトが上位表示されていたなら

同じキーワードで書いても

あなたの記事を上位表示させることが

難しいからです。

 

ということでこの記事では、

トレンドアフィリエイトの

ライバルチェックの流れとポイントについて

お伝えします。

 

トレンドアフィリエイトのライバルチェックの流れ

 

まず、記事のタイトルに入れようと思うキーワードを

検索窓に入れて検索してみます。

 

たとえば、

『北川景子とDAIGOが結婚!馴れ初めは?』

という記事を書こうとした場合、、、

 

北川景子 DAIGO 結婚』と検索してみます。

 

その時上位表示されているサイトには

どのようなものがあるか?

調査するのがライバルチェックです。

 

それでは調査のポイントを

1つ1つ解説していきますね。

大手メディアサイトがあるかどうか

 

たとえば、Yahooやライブドアニュースなどの

大手メディアサイトが上位表示されていたら、、、

そのキーワードであなたのサイトは

上位表示できないと思ってくださいね。

 

大手メディアサイトが上位にある場合は、

ずらしキーワードのテクニックで、

異なるキーワードを使っていきましょう!

 

ずらしキーワードのテクニックの詳細については

こちらを参考にしてみてくださいね。

ずらしキーワードのテクニックを初心者のあなたへ

 

まとめサイトがあるかどうか

 

まとめサイトもSEOが強いです。

 

もしまとめサイトが上位に表示されていたら、

個人のサイトではなかなか勝ち目がないので、

キーワードを変えたほうがいいですね。

 

特化型ブログがあるかどうか

 

トレンドブログより特化型ブログのほうが

上位表示されやすいと言われています。

違うキーワードを使いましょう!

 

無料ブログがあるかどうか

 

基本的には、大手メディアサイトと

まとめサイト以外のサイトと

上位を争っていく形となるのですが、、、

 

 

もし無料ブログが上位表示されていたら、

ラッキーと思ってくださいね。

 

無料ブログよりWordPressを使った

有料ブログのほうが長い目で見て

上位表示されやすいからです。

 

積極的にそのキーワードを

狙っていくといいですね。

 

タイトルの中にキーワードが入っているかどうか

上位表示された記事タイトルに

あなたが使う予定のキーワードが

すべて含まれているかをチェックします。

 

もしそのキーワードがタイトルにそのまま

使われていない場合は、狙い目ですよ。

 

たとえば、さっきの例で言うと、

北川景子」「DAIGO」「結婚」という

キーワードが全部入っていない場合は、

狙い目だということです。

 

トレンドアフィリエイトサイトが上位表示されている場合

 

上位表示されている

トレンドアフィリエイトサイトが、

あなたのサイトよりSEOが強そうな場合、、、

 

そのサイトより上に行くのは

難しいかもしれません。

 

 

尚、あなたのサイトより

SEOが強そうかどうかの見分け方には

下記のようなものがあります。

 

・コンテンツの量が多い

・運営期間が長い

・viewが多い。

・1記事ごとの文字数が多い

 

 

サイドバーに記事タイトルと画像、

view数が表示されているものがあります。

 

 

view数とは、そのページが見られた数です。

 

10000viewと表示されている場合、

10000回そのページが見られている

ということになります。

 

 

こうしたサイトはSEOが強いと判断されるので、

違うキーワードに変えて記事を書きましょう!

 

記事の投稿日や更新日をチェック

 

記事の更新日と投稿日が古い記事より

新しい記事の方が上位表示されています

 

 

最新情報をお伝えすることが

検索者にとっての有益な情報になるはずです。

 

 

なので、ライバルサイトの記事が

かなり古い投稿日や更新日だったら

チャンスと思っていいですよ。

 

まとめ

 

トレンドアフィリエイトで上位表示させることは

キーワードをずらしてSEO対策するだけでなく、

ライバルサイトに勝つという気持ちを持って

記事を作り上げていく必要があります。

 

 

ただ、いくらライバルチェックが大事でも

あまり細かくチェックしすぎて

記事が書けなくなってしまうのは、

とても残念なことです。

 

記事をたくさん書いていくことの方が

大事なので、ライバルチェックは

ほどほどにしてあまり時間を

かけすぎないようにしましょうね。