WordPress Related Postsの設定

 

記事をたくさん書いているのだから、

訪問者さんにたくさんの記事を

読んでもらいた~い!!というのは、

ブログを運営している人にとっての永遠の願いです。

 

 

そんな願いを叶えてくれるそうな、

「WordPress Related Posts」を紹介します。

 

 

WordPress Related Posts」は、

訪問者さんが今、読んでいる記事に

関連している記事を表示させることによって、、、

 

こちらの記事を次に読んでみたらどうですか?

と、視覚で訴えることで訪問者さんの直帰率を下げる

お手伝いをしてくれるプラグインです。

 

あなたも、通販ページやYahooニュースなどで

ついつい関連記事を見てしまうことってないですか?

 

気がついたら、

1時間ぐらいネットサーフィンしているとか。。。笑

 

関連記事を表示させたほうがいい理由

関連記事って、

訪問者さんが読んでいる記事に関連する次の記事を

ピックアップして紹介してくれるんですよね。

 

 

だから、なんとなく

その記事も読みたくなってきます。。。

 

 

不思議なことに、

絶妙に気になる記事がピックアップされるんですよね。

 

関連記事を表示することで、

訪問者さんの興味が刺激され、

次の記事へと誘導してもらえるので、

直帰率(離脱率)を下げる効果が期待できます。

 

記事の閲覧数を増やすことで

自分のサイトに滞在する時間を

増やす効果があるというから

入れないのはもったいないですよね。

 

WordPress Related Postsの設定方法

WordPressのダッシュボードから

プラグイン』→『新規追加』をクリックします。

 

WordPress Related Posts』を検索して

「インストール」し、「有効化」しましょう。

 

WordPress Related Posts-1

 

WordPress Related Posts-2

 

プラグインのインストールと有効化に関しては

こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

WordPressのプラグインのインストールと有効化方法の詳細

 

 

WordPressのダッシュボードから

設定」→『WordPress Related Posts』をクリックします。

 

WordPress Related Posts

Title:『関連記事はこちら

こちらの記事もオススメです』など、

分かりやすい言葉を日本語で入れていきます。

 

Number:関連記事を表示させる数を選択します。

偶数がオススメです。

 

WordPress Related Posts

 

 

WordPress Related Posts

 

 

サムネイル画像の大きさと、

関連記事のタイトルの他に

何を表示させるかを選びます。

 

WordPress Related Posts

 

関連記事にはタイトルとサムネイル画像を

表示させておくだけで十分だと思うので、

デフォルトでOKです。

 

もしも日付やコメントも一緒に表示させたい時には

それらにチェックを入れることで表示できます。

 

次に、関連記事に表示させたくない

カテゴリがある場合には、

チェックを入れることで表示させないことができます。

 

WordPress Related Posts

 

また、下の3行のうち一番上にチェックを入れると

記事下に自動で関連記事が表示されます。

 

 

ちなみに、このまま一番上にチェックを入れて、

自動で関連記事を表示させてみたのですが、、、

SNSのボタンが関連記事の下になってしまうので、

シェアしてもらいづらくなってしまいます。

 

コードをいじればこの配置を

変えることもできます。

 

初心者さんでPCの内部をいじりたくない方

 

もし、あなたが初心者さんで、

PCの内部をいじるのが怖いとか避けたいと感じるなら、、、

とりあえずSNSボタンの配置を無視して、

自動で関連記事を表示させておいてもいいかと思います。

一番上にチェックを入れて、Save Changesをクリック

 

 

1ヶ月ほど記事を書いていってる間に、

WordPressにも慣れてきて

あなたにも余裕が出てくると思います。

 

その時に、あぁ、そう言えば、

SNSボタンの配置を変えたほうがいいんだっけ?

 

という感じであとからゆっくり変えてみるのも

ありだと思います。

 

私が1年前にWordPressを立ち上げた時は、

とにかく中をいじることはできるだけ

避けていましたから。。。

 

SNSボタンが関連記事より上にあった方がいいなんて。。。

思いつきませんでした。

 

 

たしかにSNSボタンの位置が大事

と言われればそうなのですが、、、

 

 

そんな位置なんてどうでもいいから

中をいじってフリーズしてしまうリスクのほうが

怖かった気がします。。。笑

 

最初のサイトは、そんな細かいことは

気にしていませんでしたが、

しっかり稼ぐことができましたし、

SNSボタンも押してもらってました。

 

もちろん、ボタンの位置で押してもらいやすさに

違いはあると思うのですが、、、

 

 

役に立つ記事や、面白い!

と思ってもらえる記事を書くことで、、、

ボタンを探してちゃんとシェアしてもらえるんですよね。

 

最初は、完ぺきを求め過ぎはNGだと思ってます。

 

 

稼ぐ部分に直結する部分まで行かずに

手が止まってしまうよりは、

稼ぎに直結している記事の投稿に

力を入れたほうが良いですからね。

 

先ほどお伝えした方法で自動で入れても、

記事下に関連記事は表示できるので、

これだけでも入れることができたら

プラスになることはたしかですから。。。

 

SNSボタンの下に関連記事を配置する方法

 

それでは、ここからは、

ちょっと中のコードをいじって

SNSボタンの下に関連記事を配置する方法

お伝えします。

 

私は、テンプレートに「賢威」を使っているので、

テンプレートによって『social』の部分の単語が

若干違うと思います。

 

また、「賢威」の中でも

シリーズによっては若干コードが

違うかもしれませんね。

 

私もHTMLに関しては詳しくはないのですが、、、

同じテンプレートを使っている方の情報がなかったので、

別のテンプレートの方の情報を元に、

コードの似たような部分を探して

恐る恐る変更してみた結果です。

 

ぴったり同じテンプレートの場合は、

ドンピシャにマネできるので安心ですが、

ちょっと違う場合は、

とりあえず最初の状態(デフォルト)をコピーして

メモ帳などに残しておきましょう!

 

変更してみて、なんだかおかしい時は、

貼る位置やコードのコピーが

違っているということなので、

デフォルトに直して再チャレンジができますよね。

 

たとえば、記号1つ抜けただけでも、

反映されませんし、

また貼る位置も大事ですから。。。

 

もう一度、深呼吸してやり直してみると、

あっさりできてしまうものです。

 

では、実践です。

 

 

赤枠内のコードをコピーして、

個別の投稿』にコードを入れていくことで

関連記事を好きな場所に表示させることができます。

 

WordPress Related Posts

 

<?php wp_related_posts()?> ←こちらをコピーです。
 

WordPressのダッシュボードから

外観」→ 「テーマの編集」をクリックします。

 

WordPress Related Posts

 

 

右の下の方にある『個別の投稿』から入れていくことで

関連記事を好きな場所に表示させることができます。

 WordPress Related Posts9

 

中をのぞいて、下記のコードを見つけます。

<?php if (the_keni(‘social_post_view’) == “y”) get_template_part(‘social-button2’); ?>

2つありますが、ここでは下の方のボタンです。

 

 

下側にある方の『social-button2』のコードの

すぐ下に赤枠内のコード

貼り付けるようにしてくださいね。

 

こんな感じです。

 

WordPress Related Posts10

 

 

これを行うことができたら、

1番下の「ファイルを更新」をクリックします。

 

WordPress Related Posts11

 

 

 

関連記事は表示させるのとさせないのとでは、

サイトの巡回率が全然違うので、

ぜひ設置してみてくださいね!

 

わからないことがありましたら、

お気軽にお問い合わせ欄から

メールしてみてくださいね。

 

24時間以内に返信することを

心がけております。

 

 

あなたが素敵なライフスタイルを

見つけることができますよう

応援しております。

 

メルマガLP15