Googl XML sitemaps設定と使い方

 

Google XML Sitemapsを設定し、

Google Search Consoleに登録しておくことで、

自分のサイトのインデックス速度を

早めることができます。

 

なので、サイトを立ち上げたら

早めにインストールし、

有効化したほうがいいプラグインです。

 

XMLサイトマップとは

 

XMLサイトマップって何?

と思われる方がほとんどではないでしょうか?

 

 

XMLサイトマップとは、

検索エンジンのクローラーのために作られる目次です。

 

 

自分が書いた更新記事がインデックスされるには、

サイトを巡回しているクローラーに、

更新情報を見つけてもらう必要があります。

 

 

クローラーは、XMLサイトマップを定期的に確認し、

更新情報を取得することで

検索エンジンの検索結果に

サイトの更新情報が反映されるという仕組みです。

 

XMLサイトマップを利用しないままだと、

クローラーが巡回してきたときに

サイトマップを確認する感じですが、、、

 

 

Google XML Sitemapsを利用することで、

こちらから検索エンジンに

更新情報がありますのできてくださいね~

とアクションを起こすことが可能になります。

 

普段のクローラー機能では

見つけられないような情報も

正確にこちらから伝えることができるということと、

インデックスに反映される速度にも効果があります。

 

 

ですので、Google XML Sitemapsを有効化し、

Google Search Consoleに登録をして

こちらから積極的に検索エンジンに

目次を送信していくようにしましょう!

 

Google XML Sitemapsの設定方法

WordPressの管理画面から

プラグイン』→『新規追加』をクリックします。

 

 

右側のキーワードに

Google XML Sitemaps』を入力し検索します。

 

Google XML Sitemaps-1

 

 

検索結果にGoogle XML Sitemapsが出てくるので

今すぐインストール』をクリックします。

 

Google XML Sitemaps-2

 

有効化』をクリックします。

 

Google XML Sitemaps-3

 

これで、Google XML Sitemapsの

インストールと有効化までが終わりました。

 

ここから次の作業に入ります。

 

Google Search Consoleへの登録方法

 

次は、Google Search Consoleへ

サイトマップの情報を登録します。

 

このあたりまでくると、

Google XML Sitemapsとか

Google Search Consoleの関係が

よくわからないなどと

手が止まってしまう方がいるかもしれませんね。

 

ここは、あまり深く考えないことがポイントです。

 

 

あなたの記事を素早くインデックスさせるための

大事な作業だと理解し、見本を見ながら

登録してみてくださいね。

 

 

やっているうちに

色々なことがつながって理解できると思います。

 

 

最初はほとんどわからないまま

登録する形でOKですのでね。

 

 

ちなみに私もプラグインの内容は

ほとんど理解できないまま素直に

登録していた感じです。笑

 

稼いでいる方が、

これは入れたほうがいいと言ってるものは、、、

入れないリスクのほうが怖いという感じで。。。

 

Google Search Consoleへの登録や設定がまだの方は、

こちらを先に行ってくださいね。

Google Search Consoleの登録設定方法

 

 

 

Google Search Consoleにログインして、

ダッシュボードの『サイトマップ』をクリックします。

 

Google XML Sitemaps4

 

右上の『サイトマップの追加/テスト』をクリックします。

 

 

Google XML Sitemaps5

 

こちらが表示されるので、

四角の中にサイトマップの情報を入れていきます。

 

Google XML Sitemaps6

 

WordPressのダッシュボードに戻り

設定』→『XML Sitemap』を開きます。

 

Google XML Sitemaps7

 

あなたのサイトマップのインデックスファイルURL』を使って

Search Consoleの方にサイトマップの登録をしていきます。

 

 

こちらのURLをすべて入力するのではなく、

ブログのURL以降の『sitemap.xml』を入力します。

 

Google XML Sitemaps8

 

送信』をクリックします。

 

Google XML Sitemaps9

 

ページを更新する』をクリックします。

 

 

Google XML Sitemaps10

 

これでサイトマップをSearch Consoleに

登録することができました。

 

 

Google XML Sitemaps11

 

最初は『保留』になっていますが、

時間が経つと『送信』のところに

数字が表示されます。

 

 

Google XML Sitemapsの設定方法と

使い方については以上となります。

 

 

このあたりまで進んでくると、

知識の面でも、行動の面でも

なかなかすんなりとはいかずに

拒否反応が出てくる方がいるのも事実です。

 

 

ただ、もうすぐそこなんですよね。

 

 

設定なんてどうでもいいから、

”記事を早く書きたい ”

と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

私もそうでしたからよくわかります、

その気持ち。。。

 

 

稼ぐためのブログを構築していくために

みんな通った道です。

 

我慢して淡々とこなしていきましょうね。

 

 

もしわからないことがあった時には

お気軽にお問い合わせ欄から

メールしてくださいね。

 

 

24時間以内に返信することを

心がけておりますので。

 

 

あなたが素敵なライフワークを

見つけることができますよう、

応援していきます。

 

メルマガLP15