ドリームキラーが親だった時の対処法

あなたが夢や目標に向かって

動き出した時、ネガティブな言葉や

マイナスの言葉をかけてくる人がいたりします。

 

たとえば

「会社を辞めて起業して

自由なライフスタイルを

実現させるんだ」

と言ってみたら、、、

 

「苦労するぞ!!」とか

「起業なんて不安定な世界、後悔するよ。」

「失敗したらどうするの」

などやる気を失わせるような言葉を

言ってくる人ですね。

 

こういう夢を邪魔してくる人のことを

ドリームキラー」と言います。

 

ここでは

・ドリームキラーはなぜ生まれるの?

・ドリームキラーが親だった時の対処法

・親をドリームキラーにしないためには?

についてお伝えします。

 

「ドリームキラー」はなぜ生まれるの?

 

そもそも、人の夢を知った時に

なぜその人の夢を邪魔してくるのでしょうか?

 

人間は変化を嫌う生き物です。

 

現状から離れ夢に向かう行動が

嫌なわけです。

 

小学校の時のクラス替えを

思い出していただくとよく分かるかと思います。

 

もしかしたら良いメンバーに恵まれて

いいクラスになるかもしれないけど

今まで1年間慣れ親しんだメンバーが変わるのは

なんだか不安を感じていた方も多いのではないでしょうか?

 

だから人の夢ではありますが

自分とは違う世界に行ってしまう

ということが嫌なのです。

 

現状を守り続ける、変化を嫌う人に

私はこれから変化しようとしているんだ

という話をしてもわかってはもらえないのは

当たり前といえば当たり前ですよね。

 

「ドリームキラー」が親だった時の対処法

 

身近ではない人からの

ネガティブワードには

「あなたに言われたくない!」

と言ってシャットアウトし、

しばらく会わなければいいだけですよね?

 

友達だったらそれで済みます。

 

しかし、相手が大切な親だったり

パートナーだったらどうでしょう?

 

毎日顔を合わせるわけですからね。

 

しばらく会わない!

なんてあり得ないわけですから。。。

 

自分の心の声をしっかり聞いて

冷静な行動を取らなくてはなりません。

 

ネガティブワードを何回言われても

くじけない位、強いメンタルを

持っている人もいます。

 

そんな強い心を持った人は

何を言われてもガンガン夢に向かって

突き進んでいけるので心配ないのですが。。。

 

ほとんどの人は、

ゴールへ向かうためのブレーキが

かかってしまうんですね。

 

ドリームキラーになってしまった親は、

あなたのことを心配しているようなそぶりで

言われたくない言葉を投げかけてくるからです。

 

毎度毎度、大事に育ててくれた親が

「本気で反対しているような素振りの言葉」を

投げかけてきたら、、、

 

夢へ向かって

一直線に進むことができなくなってくるのも

わからなくもないですからね。

 

それでは自分の親がドリームキラーだとわかった時、

どういう行動を取れば良いのでしょうか?

 

ドリームキラーになってしまった親に

「理解してもらうために説明しよう」

とは思わないことです。

 

まずこの部分は大事ですよ!

 

理由は、「現状を良し」としている人に

「現状から離れて理想の未来を目指す」

という発想を理解してもらえるはずがないからです。

 

なので親からその話題が出てきても

返答したり意見を言うことはせず、

当たり障りのない言葉でかわすのが1番です。

 

ドリームキラーとなった親は

なんとかあなたの夢を諦めさせようとする

行動に出るはずですからね。

 

もちろん親を大事にするという

優しい気持ちは大事ですが、

将来の夢や目標は自分自身のものです。

 

親の言いなりになって諦めてしまったら

現状のまま変わることなどできませんからね。

 

強い意思を持って

夢に向かって頑張っている後ろ姿を

見せてあげましょう!

 

説得するというよりあなたが夢や目標に向かって

変わっていく姿を見せることで

親を安心させてあげればいいだけですよね。

 

夢に向かって頑張っている姿が、

キラキラ輝いていたら、、、

 

最初は頭ごなしに反対していた親であっても

応援したくなるはずです。

 

うるさいドリームキラーの親を持ってしまっても

自分の夢への気持ちが揺るぎないものであれば

必ず夢は叶えることができますよ!

 

親を「ドリームキラー」にしないためには?

 

親をドリームキラーにしないための方法はありますか?

とメルマガの読者さんから

相談を受けることがあります。

 

これからネットビジネスを始める方は

親に言おうかどうしようか。。。

と迷っている方も多いようですね。

 

私がオススメする方法は、

「夢を親に教えない」ということです。

 

その夢が叶ったら報告してあげれば

良いと思ってます。

 

現状を離れて夢の領域に到達してしまえば

ドリームキラーになる理由もなくなりますからね。

 

夢の次元に行ってからの事後報告まで

親には伝えないというのが1番いい方法です。

 

自分の行動を否定してくる人が家の中にいると

パワーがはぎ取られて、ブレーキがかかってしまい

夢への到達が難しくなってしまうことも。。。

 

嘘をつく必要はありませんが、

あえて自分が変わろうとする過程を

話す必要はないわけです。

 

自分の夢を叶えるための道に

邪魔になるような人を存在させないためには

「内緒にしておく」

というのも大事な選択なんですよね。

 

まとめ

 

今回は、

・ドリームキラーはなぜ生まれるの?

・ドリームキラーが親だった時の対処法

・親をドリームキラーにしないためには?

についてお伝えしました。

 

本当は身近な人だからこそ自分の親には

応援してもらいたいはずなんですよね。

 

でも、その気持ちはぐっと飲み込んで

夢を叶えてからの「事後報告」がベストです。

 

夢を叶えることが出来たら。。。

実はこんなことやっているんだよね~。

と今まで言えなかったことを

たくさん伝えてくださいね。

 

お互いがストレスを感じることなく

夢に突進することができるはずですよ。

 

最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。

 

あなたが20年後もずっと輝きつづける

ライフスタイルが実現できるように

応援しています。

 

ちなみに私のメルマガでは、

自分らしい働き方を見つけるための

コンテンツがたくさん詰まった

「jewelry box」を無料でプレゼントしています。

 

少しでも興味がある方は下記フォームから

登録してみてくださいね。

 

メルマガLP15