仕事の効率を上げる睡眠の取り方

 

健康のために、お肌のために

睡眠が大事だということは

誰もが知っていることですが、、、

 

仕事の効率を上げるためにも

睡眠」がかなり重要な役割を持っている

ということをあなたは知っていますか?

 

仕事の効率が上がらない人は、

「睡眠」さえ見直すことで

仕事の効率がアップする可能性が大なので、

この記事を参考にしてみてくださいね。

 

ここでは

仕事の効率を上げる睡眠の取り方は

この2つを意識するだけ

についてお伝えします。

 

ベッドの上には何も置かない

 

ベッドの上で本を読んだり、

日記を書いたり、

スマホをいじったり、、、

 

寝る前にベッドの上で何かを

やってる方は非常に多いと聞いています。

 

これらは実は

良質な睡眠の邪魔になってしまうようです。

 

たとえば読書をすると、

脳のある部分が働き

「このベッドは文字を読む場所だ」

と記憶するのだとか。。。

 

というのも

脳は、「場所と作業」をセットで記憶する

という仕組みを持っているので、

次に同じ場所に行った時、

前に使った脳のある部分を働かせるそうです。

 

つまりベッドに行くと

本を読む時に使う脳の部分が

勝手に働きはじめるということです。

 

 

本当に読書する時は

効率的でいいと思いますが、、、

眠ろうと思ってベッドに入ったのに、

脳の一部分が働き始めてしまったら、、、

深い睡眠を取ることができなくなってしまいます。

 

 

ではどうすればいいのかというと、、、

 

 

寝る前にどうしても本を読みたい方は、

ベッドの横にイスをおいて、

読書を済ませてからベッドに入ればいいのです。

 

 

イスの上に本は置いたままで。。。

 

ベッドという場所が睡眠する場所である

と脳に記憶させれば、、、

 

 

ベッドに入った瞬間、眠リの作業が

始まるはずですね。

 

 

また眠りには浅い眠りと

深い眠りがあるのですが、、、

 

浅い眠りの時は眠りながらも

外部の刺激を監視しているのだとか。。。

 

 

なので、ベッドの上に物があると

敵だと思って反応し起きてしまうそうです。

 

厄介な働きですね。

 

これではいい睡眠が取れませんよね。

 

 

ベッドの上にものを置いている人は

刺激となるものを排除することで

かなり良質な睡眠をとることができそうですね。

 

就寝前にウトウトしないように意識する

 

人間は起きている間、睡眠物質を脳の中に

ためて行くそうです。

 

この睡眠物質がたくさんたまると

深い眠りが取れるんだとか。。。

 

眠っていない時間が長ければ長いほど

熟睡できてしまうんですよね。

 

たとえば

学校の期末テスト前に朝型2時まで勉強し、

眠くて眠くて限界というところでベッドに入ると

すぐにぐっすり眠れた記憶ありませんか?

 

一方、

仕事から帰る電車の中でのウトウトや

お風呂の湯船の中でのウトウトは、

とっても気持ちが良いのですが、

質の良い睡眠を取るためにはNGな行動です。

 

 

たまった睡眠物質

一気になくしてしまいますからね。

 

 

ウトウトしたあとに本当の睡眠を取ろうと思っても

睡眠物質が残っていない状態では、

質の良い睡眠とはならないようです。

 

 

もし、たくさん眠っているのに

朝スッキリしていない」とか

疲れが取れない」と感じる方は、、、

 

睡眠の前にウトウトしているのかもしれませんね。

 

「ウトウト」時間をなくすことで

睡眠の質がグーンと上がり、

起きた時の不快感が無くなる可能性大です!

 

 

参考文献:『頭がよくなる眠り方』より

 

脳は寝ている間に情報整理をする

 

人間は毎日たくさんの情報を得ます。

 

脳は、それらの情報を寝ている間に

きちんと整理してくれるので

朝起きた時スッキリした状態で

集中できるのだといいます。

 

この質の良い睡眠を意識し

集中できる時間に仕事をこなせば、

効率よく作業が進みますね。

 

今までなぜか「午前中は仕事がはかどらない」とか

午前中に眠くなる」という方は、、、

 

下記のことをチェックしてみましょう!

睡眠前のウトウトはないですか?」

ベッドの上がスッキリしていますか?」

ベッドで読書などしていませんか?」

ベッドでスマホいじってませんか?」

 

思い当たることがあれば

改善してみてくださいね。

 

ちなみに娘のベッドの上には

ぬいぐるみがいっぱいあったので、

質の良い睡眠ということ

3日前からぬいぐるみを全部どかしてみました。

 

すると、今まで3回ほど起こさないと

起きてこなかった娘が

目覚まし時計だけで

起きてくるようになりました。

 

しかも、眠そうな目をして

朝食を取っていた姿がどこにもなく、

元気なんですね。

 

もちろん、今までのベッドの上での

スマホいじりは禁止!

 

スマホも夜はリビングで回収し、

ベッドでは寝るだけということを

徹底したのも良かったのかもしれません。

 

また、睡眠を変えようとする周りの動きや

娘の意識も変化したのかもしれませんね。

 

本当に2つしか意識していないのですが、

睡眠の質が向上しているのはたしかです。

 

学生は勉強が仕事ですので、

睡眠のとり方を意識したことで

集中力が増し、成績アップに

つながればうれしいのですが。。。

 

もし、あなたが仕事に集中できないなぁ~

と感じているなら、この記事を参考に

睡眠の質を良くするために意識してみましょう!

 

集中できる時間を持つことが出来れば

仕事の効率もアップするはずですからね。

 

ここでは、

仕事の効率を上げる睡眠の取り方は

この2つを意識するだけ

についてお伝えしました。

 

良い睡眠を意識することで

時間に追われることなく効率的に

作業をすすめることができそうですね。

 

あなたが素敵なライフスタイルを

歩んでいけるように

応援しています。

 

メルマガLP15