5月病になりやすいタイプと原因

 

4月に入学や入社など

新しいスタートをきった人たちは、

今、必死に新しい環境に適応するために頑張っています。

 

そこには、計り知れない緊張と期待・

やる気などあらゆる感情が入り乱れているんですよね。

 

やっと緊張感も薄れてきて新しい環境に

慣れてきたなと思った頃に

ゴールデンウィーク突入です!

 

そして連休明け、

「なんだか会社に行くのが苦痛だ」

「学校に行きたくないなぁ~」

・・・

 

こんな気持ちになる人が多い5月

 

ここでは、

・5月病になりやすい人ってどんな人?

・5月病の症状と原因は?

・5月病に予防法はある?

・5月病に効果的な食事の取り方

についてお伝えします。

5月病になりやすい人ってどんな人?

5月病は、新しい環境に適応することができず

心が辛くなって、あらゆるところに

症状があらわれてしまう病気ですので、

誰にでも起こりうる可能性があります。

 

ですが、5月病にかかりやすい人がいるのも

事実です。。。

 

それでは、5月病になりやすい人は

どのような人なのでしょうか?

 

・几帳面でまじめな人

・おとなしめの内向的な性格の人

・気配りができる人

・がまん強い人

・完璧主義の人

・責任感が強い人

 

ざっと書き出してみると

こんな感じですが、、、

 

心を病んでしまうのは、

すべてにおいて真面目にこなそうと

頑張リ過ぎてしまうこと。

 

優等生であればあるほど、

辛い思いを受け入れて

耐えてしまう傾向があるようです。

 

どこか抜け落ちて、怒られたとしても

少しアバウトな姿勢で望むほうが

すべてにおいて長続きするんだとか。。。

 

完ぺきにしようとして頑張りすぎない、

力の入れ加減が新しい環境に適応するための

テクニックかもしれません。

 

5月病になりやすい人リストに

当てはまっているなぁ~と感じた方は、

アバウトな感覚を身に着けて

肩の力を抜いてみてくださいね。

 

周りの目を気にしなくても

いいじゃないですか。

 

ずっと頑張ってきたのですから。。。

 

とはいっても、

いつも100点を目指していた人にとっては、

自分のレベルを落とすことが

難しいことなんですよね。

 

でも、いつもとは違った自分を演じることで

心が元気でいられるなら、、、

 

そういうあなたを楽しんでいるあなたが

いても良いのではないでしょうか?

 

きっと5月病なんて寄せ付けなく

なりますよ!

 

ちょいワルを目指しましょう!

 

5月病の症状と原因は?

5月病の症状

5月病の症状は人それぞれです。

 

・なんとなく体調がすぐれない

・自分の意志に反してやる気が出ない

・不安感でいっぱいになる

・集中力が続かない

・ネガティブ思考になる

・食欲がなくなる

・疲れやすくなる

・頭痛

・腹痛

・寝ようとしても寝付けない

などなど・・・

 

5月病は通常2ヶ月前後で

自然と症状がなくなってくると言われています。

 

もし、6月が終わる頃に、

まだ、症状が緩和しないときには

うつ病も疑ったほうがいいかもしれませんね。

 

5月病の原因

5月病になってしまう原因は

何でしょう?

 

具体的な原因は、、、

・残業が多い

・新しい職場の人間関係が最悪

・単身赴任で生活環境が変わり孤独

・想像と現実のギャップに耐えられない

などなど・・・

 

共通しているのは

新しい環境に適応できずに

ストレスを抱えてしまうということです。

5月病に予防法はある?

5月病に限らず、病気にならないためには、

食事と運動、心のバランスが重要だと思っています。

 

この3つはどれか1つでも足りないと

体が不調になってしまうと言います。

 

言い換えれば、この3つをしっかり管理することで

5月病が迫ってきても追い払うことができるのです。

 

では1つずつ見ていきましょう!

 

バランスの良い食事を心がける

ひとり暮らしを始めると、

ついつい外食やコンビニ弁当に

たよりがちになってしまいます。

 

どうしても外食は、

野菜不足になってしまうので、

ビタミンやミネラルなどが

不足してしまうんですよね。

 

バランスの良い食事を心がけることで

ストレスが軽減できます。

 

 

外食やコンビニ弁当に

野菜や果物を追加することで

足りない栄養素を補充することができます。

 

食生活を見直して、

5月病に負けない体を作っていきましょう!

 

適度な運動を取り入れる

ジョギングやテニス、ヨガなど、

スポーツをする時間が苦痛でなければ、

ドンドン取り入れていくことで

体や心の疲れを取り除くことができます。

 

ただ、スポーツというと、構えてしまい、

なかなかできない人も多いはずです。

 

そんな人は、歩く時間を増やすとか、

ストレッチをするだけでも良いのですよ。

 

少しの運動でも

ストレス解消の効果が期待できると言われています。

 

また運動は、血行を良くし、

自律神経の乱れを整えてくれるんだとか。。。

 

自律神経の乱れは、

心の病気に直結していきますので、

脳をリフレッシュするためにも、

適度な運動を心がけましょう!

 

人間関係に苦しまないようにする

会社を辞める理由で最も多いのが

人間関係と言われています。

 

学生が登校拒否になる理由も

人間関係がほとんどです。

 

せっかく入った学校や会社を

辞めなくてはならないほど

人間関係に苦しめられてしまうのは

とても残念なことですよね。

 

入ったときは、不安もあったかもしれませんが

期待と夢でいっぱいだったはずですから。。。

 

会社や学校など集団の中には

自分に合わない人が多かれ少なかれ

必ずいるんですよね。

 

 

私も、色んな場面を思い返してみると、

どんな環境に入った時でも、

必ず気の合う人と気の合わない人が

存在していたのを再認識しました。

 

でも、当然ながらすべての人と、

仲良くしてはこなかったですね。

 

人は人、という感じで

少し距離を置いてみると

気持ちが病まずに済むかもしれません。

 

決して

「嫌われないように仲良くしないといけない」

などと完ぺきな自分になろうとしないでくださいね。

 

みんなと仲良くするなんてこと、

どんな人でもできませんから。

 

40人のクラスであれば、

5人気が合う人が見つかるかどうかです。

 

みんなある程度距離を置いて

ランク付けして付き合っているはずです。

 

・挨拶だけの人

・お昼ごはんを一緒に食べる人

・体育や音楽の時間だけ一緒に過ごす人

・休日も映画に行ったりプライベートまで

仲良く過ごすせる人

などなど・・・

 

必ずしもみんなと仲良くする必要が

ないですよね。

 

人との距離感を自分である程度決めてしまえば、

人間関係で押しつぶされることが

減ると思います。

 

学生さんであれば、親友を見つけることは

とても大事ですよね。

 

会社員であれば、目標となる先輩を

見つけることで、モチベーションが

上がってきます。

 

ただ、嫌味な上司がいたり、

劣悪な人間関係しか見当たらないときは

残念ながら、改善することは

難しいかもしれません。

 

仕事は仕事と思って割り切り、

強い意志で働き続けることが難しいほど

人間関係がおかしいときは、、、

 

あなたの健康を害する危険が大きいので、

ムリに会社に依存する必要は

ないと思いますよ。

 

 

今の時代、会社に縛られずに

好きな働き方を選ぶことが

可能ですからね。

 

5月病にならないために

いろいろな予防法を試してみても

うまくいかないときは、、、

 

諦めて、自分らしく生きていくことも

ありだと思います。

5月病に効果的な食事の取り方

5月病は、ストレスを解消することで

ある程度防ぐことができます。

 

なので、ストレス解消に効果がある食べ物を

積極的に取り入れていくようにしましょう!

 

ビタミンB1

イライラ予防

豚肉、うなぎ・たらこ・大豆などに含まれる。

 

ビタミンC

ストレスを感じた時、

ビタミンCが使われますが、たくさんためておけないので、

毎日少しずつ取る必要があります。

 

ピーマン・ブロッコリー・イチゴやレモンなど

果物や野菜に含まれています。

 

カルシウム

カルシウム不足がイライラを

増大させるといいます。

乳製品・小魚・切り干し大根などに

多く含まれています。

 

このように

ちょっとだけ食事に気を使うだけでも

ストレス発散できるので、

5月病になるリスクを減らすことできそうです。

 

今回は、

・5月病になりやすい人ってどんな人?

・5月病の症状と原因は?

・5月病に予防法はある?

・5月病に効果的な食事の取り方

についてお伝えしました。

 

あなたが5月病にならないように

心から祈ってます。