脳が疲れる原因

 

脳が疲れるという感覚を持つ人が

増えているといいます。

 

あれもやらなきゃ、

これもやらなきゃと、

忙しく走り回っている

幼い子供を抱えたママさん。

 

起業したばかりの方、

人員削減で仕事が山積みになっている方、

必死にこなしても勤務時間内に仕事が終わらないほど

忙しい時間を過ごされている管理職の方など

 

休む時間を取れない人は、

創造する力が衰え、

生活から喜びという感情が

失われていくのだとか。。。

 

心が元気ではなくなってしまったら、

なんのために働いているのか、、、

働いている意味もなくなってしまうはずです。

 

そうならないために、ここでは、

・脳が疲れる原因は何?

・脳疲労回復方法を5つ紹介!

・誰でもできる脳を疲れさせない予防法

についてお伝えします。

 

脳が疲れる原因は何?

 

脳疲労の原因は、『多すぎる情報』

『過剰なストレス』と言われています。

多すぎる情報

 

スマホやパソコンの普及によって

欲しい情報をすぐに得られる今、

昔に比べて便利な世の中ですよね。

 

一方、得られる情報量が増えてきたということは、

自分にとって必要のない情報も

知らず知らずのうちに、

入ってきてしまうことに。。。

 

何もしなくても勝手に耳にしたり、

目に入ってきてしまうんですよね。

 

そんな勝手に入ってくる情報までも、

脳は処理しようとしてしまうのです。

 

これが脳疲労を起こす最大の原因になっています。

 

スマホ依存という言葉がありますが、

少しでも暇があると、スマホをいじったり

ゲームしてしまう人が多いのも事実。

 

このなんとなくしていることも、

脳は一生懸命考えて情報を処理し、

判断してしまうんですよね。

 

脳に疲労を与えてしまっている原因が

自らの何気ない行動によるものもある

ということを頭に置き、

意識して休息を取ることが必要です。

過剰なストレス

 

職場での人間関係の悩みを持っている方、

多いですよね。

 

家族の心配事、老後の資金の悩みなど

仕事以外のストレスも数え切れないほど

背負っていたり。。。

 

毎日満員電車に揺られて出社している方は、

会社に行くだけで

ストレスを感じているのも事実です。

 

このように色々なストレスを感じながらも、

真面目な人は、

あたかもストレスを感じていないように

スマートに過ごそうとします。

 

本当はかなり辛くて

身体から悲鳴が聞こえているのに。。。

 

便利になった生活、

その分、こなせることも多くなり、

情報過多の中、

脳は必死に処理作業しているんですよね。

 

体が壊れてしまわないためにも

ストレスをためない工夫を

考える必要があります。

 

脳が疲労した時の回復方法を5つ紹介!

 

そんな環境の中、

ストレスをためないように心がけていても

脳が疲れてしまうこともあるはずです。。。

 

そこで、脳疲労を感じた時の回復方法を

お伝えしていきますね。

 

脳が疲労したと感じたときには、

忙し過ぎる脳への栄養補給と休息時間、

ストレス解消など

次の5つの方法が効果的です。

・運動

・食事

・昼寝

・目もとを温める

・血流を良くする

 

運動には、血流を良くして

ストレスを減らす効果があります。

 

また、運動を習慣にすることができると、

質のいい睡眠を取ることができ、

食事も美味しくいただけるんですよね。

 

さらに運動をしていることで、

カロリーをそんなに気にすることなく

好きなものを食べることができるのも

女性にとってはストレス解消にいいですよね。

 

ダイエットすると、

食べたいものが食べられないというストレスで、

体重を落とすことに成功しても、

なんだかやつれてしまったり

綺麗に変身することができない方も多いですよね。

 

食べたいという本能を

押さえつけられたことによるストレスは、

体に良い影響を与えないといいます。。。

 

眠いと感じた時に寝たり、

食べたいと感じた時に食べるという

人間本来持っている本能のままに

過ごす時間も忙しい今の時代に

必要なことかもしれません。。。

 

質の良い睡眠と、質の良い食事は、

脳の疲労回復だけでなく、

疲れにくい脳にしてくれるんだとか。。。

 

ホットタオルで

目もとを数分間温めるのも

脳疲労だけでなく、

目の疲れも取り除いてくれるので

パソコンの作業が多い方は、

ぜひ試してみてくださいね。

 

私も1日2回ほど、ホットタオルで

目もとを温めながら、

数分間の休息時間を設けています。

 

水で湿らしてしぼったフェイスタオルを

レンジでチンするだけですから

忙しい主婦の方でも、

簡単に試せると思いますよ。

 

ホットタオルの良さは、

眠気を冷ます効果もありますが、

頭がスッキリするので

かなりスッキリ感を得られます。

 

肩こりがひどい人は、

首筋を温めてあげることもオススメです。

かなり痛みがやわらぎます。

 

オフィスで昼寝なんて。。。

と思われている方も多いかもしれませんが、、、

 

昼寝を10分間取り入れるだけで、

寝ている間にパンク寸前のパンパンの情報を

脳は、整理してスッキリさせてくれるそうです。

 

会社によっては、

昼寝タイムを設けているところも・・・。

 

終身雇用がなくなり、

副業を推奨する大企業もでてきた今、

仕事の効率が良くなるなら

昼寝もOK!という考え方の

会社も増えてくるはずです。

 

パソコンやスマホなど

決まった姿勢で見続けていると、

体が凝ってしまいます。

 

座りっぱなしの方は、

定期的に立って、

オフィス内を歩くだけでも、

血流はよくなります。

 

また、肩を回したり、

ストレッチをすることも

数分でできる血流を良くする

オススメの方法です。

 

積極的に体が嬉しいことを

取り入れていったほうが、

結果的に仕事の効率も

アップすることができるんですよね。

 

誰でもできる脳を疲れさせない予防法

 

いっそのこと、

仕事を辞めて田舎暮らしするというのが

手っ取り早い脳を疲れさせない

予防法かもしれません。。。

 

でも、土いじりをしながら

自給自足の世界など、

できる人とできない人がいるのも事実です。

 

では、田舎に移住しなくても、

信じられないくらい忙しい人でも

脳を疲れさせないための予防方法は

あるのでしょうか?

 

どんなに忙しい人でも、

1日の中に静かな時間を

少しだけなら持つことはできるはず。

 

会議の合間に5分間の静かな時間を持つ

 

携帯などの電子機器を触らずに5分間、

休憩してみて下さい!

 

短い時間でも、

脳をリフレッシュすることが

できるんですよね。

 

特に散歩は、短時間で血流を良くし、

脳をリフレッシュするには

とても良い方法だと言われています。

 

会社のビルの屋上に緑があるのなら、

ちょっと息抜きに屋上に行ってみるのも

いいですね。

 

メディアの断食

 

メールを数時間とか、

丸1日見ないと決めたり、

ヤフーニュースなどのニュース情報や

エンタメ情報を断食してみることをオススメします。

 

ニュースがストレスの源になっている人も

多いといいます。

 

そんな人にはメディア断食の効き目が

絶大なんだとか。。。

 

気になるニュースやメールを

週に1日くらい見ない日を作って、

身体をリセットする日が

心の健康には必要なのかもしれません。

 

自然の中で過ごす時間を設ける

 

自然には、エネルギーをチャージし、

創造力を高めてくれる力があると言われています。

 

日中、オフィスの外に出て、

公園でランチをしている人は、

午後からの仕事がはかどることを

知っているんでしょうね。

 

オフィスの外に出ることができない方は、

社内にある鉢植えを数分でも、

数十秒間でも見つめるだけで

違ってくるようです。

 

オフィスの窓の遠くに緑が見えるなら、

数分間その景色を見るだけでも

試してみてくださいね。

 

目を休めて、脳を休めることが

できるはずですから。。。

瞑想

 

エネルギーをチャージする方法として

瞑想を推奨している方、多いです。

 

あらゆる心理的な問題

解決する方法として

瞑想は効果的なんだとか。。。

 

さらに瞑想のいいところは、

道具など入らないのに

1日に数分やるだけで

科学的にも効果があると認められているところです。

 

どんなに忙しくても、

毎日、数分間くらいなら、

脳のリフレッシュのために

時間を使うことができるのではないでしょうか?

 

女性の場合、脳疲労によって

更年期障害の症状が

重くなってしまうとも言われています。

 

体の不調を感じる前に、

脳を少しだけ休息させるようにしましょうね。

 

今回は、

・脳が疲れる原因は何?

・脳疲労回復方法を5つ紹介!

・誰でもできる脳を疲れさせない予防法

についてお伝えしました。

 

今の会社に縛られずに

自分で好きな働き方を選ぶというのも

脳疲労から解放される選択しとしては、

ありですね。

 

私が取り組んでいる

ブログアフィリエイトでは、

人間関係に悩まされることがなく、

満員電車で疲れることもなく

好きな場所で作業することができます。

 

子供が熱を出しても、

会社に休む電話しなくちゃ

なんて考えることなく、

誰に遠慮することもなく

たっぷり看病してあげられるんですよね。

 

時間が自由に使えるっていうのは、

ストレスが半減すると言っても

過言ではありません。

 

心が元気でいるためにも、

脳疲労を減らして、あなたが

あなたらしく生きるための道を

歩めるといいなぁ~と思っています。

 

メルマガLP15